糖尿病の種類|西宮市のあずま糖尿病内科クリニック

0798-70-1881

糖尿病の種類

糖尿病には、大きく分けると「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があります。

発症:
主に小児~青年期
体型:
正常~やせている人が多い
要因:
自己免疫など
治療:
インスリン注射
発症:
主に中高年(40歳以上)
要因:
遺伝、生活習慣、ストレスなど
治療:
基本的には食事療法と運動療法。
病気の進行によって、内服薬やインスリン注射などの薬物療法。

1型糖尿病の特性

子どもや若い人に多く見られる1型糖尿病は、膵臓のインスリンを分泌する機能が生まれつき低かったり、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊されていって、最終的にインスリンが身体からなくなってしまう分泌障害です。食事療法や運動療法では、ほとんど治療効果がないため、インスリン療法を中心に治療を行います。
そのため、薬物治療中の低血糖に注意が必要です。低血糖とは、血液中のブドウ糖が少なくなりすぎた状態のことで、食事をとる時間や量、インスリン注射の量などにより低血糖を起こすことがあります。
低血糖のなりやすさは、個人差がありますが、重度になるとけいれんや昏睡を引き起こしますので大変危険です。症状に気づいたら早めに対処できるように、常にブドウ糖が補給できるように持ち歩くことが必要です。

2型糖尿病の特性

肥満やストレス、生活習慣により膵臓が疲れた状態になり起こる2型糖尿病は、以下の2つに分けられます。

  • インスリンが出にくくなる=インスリン分泌障害
  • インスリンが効きにくくなる=インスリン抵抗性

2型糖尿病の患者さんは、このインスリン分泌障害と抵抗性がさまざまな程度で組み合わさっていて、その程度は人によって異なります。糖尿病になる前や初期のころは、高血糖になると膵臓がインスリンを大量に分泌し、補おうとしますが、この状態が続くとやがて膵臓が疲れてしまい、インスリン分泌の障害が進み、分泌量が減ってきます。そのため、インスリンの作用不足により細胞へ糖が取り込めにくくなります。

2型糖尿病の原因である、インスリン分泌の低下やインスリン抵抗性の上昇はなぜ起こるのでしょうか? これは、遺伝的な要因(糖尿病の家族歴あり)と環境的な要因(肥満、過食、運動不足、ストレス、加齢など) によって起こるとされています。

2型糖尿病の治療は食事療法と運動療法が基本です。それでも、血糖のコントロールが不良の場合は、経口糖尿病薬や状況に応じてインスリン療法を行います。

ページTOPへ