食事療法・運動療法|西宮市のあずま糖尿病内科クリニック


健診などで糖尿病を指摘された場合など糖尿病の初期の場合は、お薬での治療を始める前に、まず生活習慣の見直しを行います。そして「食事療法」と「運動療法」と組み合わせながら血糖値の改善することが基本となります。

食後高血糖が見られる糖尿病初期の早い時期から食事療法と運動療法を開始し、良好な血糖コントロールを維持することにより、病気の進展を防ぎ、合併症を起こすことなく、健常な場合とほぼ同様の生活を生涯にわたり営むことが可能になります。

食事療法で高血糖を防ぐために気をつけたいことは、食べ過ぎがよくないことは言うまでもないのですが、何をどのくらい、どのように食べる方によって血糖値の上がり方が変わってきます。

食事からとれる栄養素「糖質」「たんぱく質」「脂質」がありますが、食後の血糖値を上げやすいのは糖質です。糖質とは炭水化物から食物繊維を引いた残りの栄養素です。糖質と聞くと砂糖やお菓子のみを思いうかべる人が多いですが、一般的に主食と呼ばれる炭水化物など、いわゆるご飯や小麦粉を多く含むパン、麺、また、じゃがいもやかぼちゃなどに多く含まれています。
これらの糖質をとるときにもコツがあり、糖質を過剰にとっていた方は減らしていただくことはもちろん、白米や白いパン、うどんなど身体に吸収されやすい「白い糖質」よりも玄米、雑穀ご飯、全粒粉のパンやそばといった食物繊維が多く身体にゆっくりと吸収される「茶色の糖質」がおすすめです。

高血糖を防ぐためには食べる順番も重要です。
いきなり糖質が高い主食のごはん類から食べるのではなく、野菜や海草を先に食べる「ベジタブルファースト」がおすすめです。野菜に含まれる食物繊維の作用により、後からの食べる主食の糖質がゆっくりと吸収されます。
また、食べる食材の組み合わせとして、ご飯には、納豆やチーズ、乳製品など高たんぱく食材のおかずや、消火吸収を遅らせる働きのある酢の物を組み合わせると血糖値の急上昇が抑えられます。

また、ゆっくりよくかんで食べることで、食べ過ぎを防ぐことができるのはもちろん、よくかむことでインスリンの適切な分泌を促すGLP-1ホルモンが増えるとも言われています。

食べ過ぎはよくないので、1食抜く欠食を考える方もいらっしゃいますが、次の食事の際に血糖値が上がりやすくなりますので、おすすめできません。
また、食べてすぐ寝てしまうと血糖値がなかなか下がらず、使われなかったエネルギーが脂肪として蓄えられ、肥満の原因にもなるので要注意です。

当院での食事療法では、以下の主に指導を行っています。

1
間食はしないこと!
2
食べる時は、順番に工夫を!

 
の順番で食べ、よく噛んで食べるように気をつけましょう。

3
食べ過ぎたときには食後に身体を動かす!

間食をしないことは苦痛かもしれませんが、同じカロリーでも間食でとるのと、食直後にとるのでは、血糖の上がり方に違いがでてきます。血糖が上昇する大きな理由の一つに膵臓からのインスリンの分泌のタイミングが糖尿病の患者さんは遅れている点があります。先にも説明がありますが、食べる順番を考え野菜を最初にとることで、膵臓は準備体操ができ、主食の糖質をゆっくり吸収させることができるのです。食事ごとに上がる食後血糖を抑制する薬剤を中心に治療を据えていることも間食をとらないようにお願いしている理由の一つです。

糖尿病治療で運動は大切ですが、特に食後に軽い運動を行っていただくと、血液中の糖が筋肉へ運ばれ、エネルギーとなって使われるので食後血糖値が下がり効果的です。
また、運動は食後高血糖を防ぐだけでなく、運動を行った日は行わなかった日に比べて、1日の血糖値上昇を総じて抑えることができます。
また、軽い運動を習慣づけることで、糖尿病予備軍の人や糖尿病の人も血糖値が上がりにくい身体になります。しかも、インスリンが効率よく効くようになって、分泌されるインスリンの量も少なくて済むようになります。


・朝食後に掃除をする
・昼食は少し遠いお店に歩いていく
・食後にテレビを見ながら軽いストレッチ
・食後に犬の散歩
・食後にゴルフの打ちっぱなし