糖尿病|西宮市のあずま糖尿病内科クリニック

0798-70-1881

糖尿病とは

糖尿病とは

糖尿病と聞いても、自分には関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか?
ご自身やご家族には糖尿病の方がいらっしゃらなくても、ご親戚や近い友人の中には糖尿病の人がいるという方は多いと思います。
実は、40歳以上の3人に1人が糖尿病または糖尿病予備群であることが明らかになっています。
糖尿病の中でも、約95%以上を占める2型糖尿病はサイレントキラーと言って自覚症状がなく知らない間に進行してしまう病気なので、今は関係ないと思っていても身近な病気として注意が必要です。

糖尿病とは血糖値が高くなる病気で、食べ物や飲み物を消化して作られるブドウ糖は血糖と呼ばれ、体内に取り込まれると血液の流れに乗って筋肉や臓器にいきわたり、体を動かすためのエネルギー源として利用されます。これは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割をしているからです。このインスリンが足りなくなったり作用が弱くなったりするとブドウ糖(血糖)がうまく筋肉や臓器にいきわたらず、血糖値が高くなります。このような状態が続くのが糖尿病で、進行すると失明や脳梗塞などの合併症を引き起こす原因となります。

2型糖尿病は、一度発症すると完治はしないものの、血糖値を正常値に保つことでコントロールが可能な病気です。糖尿病の病気をよく理解し、食事療法、運動療法を基本としながらご自身で血糖をコントロールしていくことが大切です。

糖尿病になりやすい人はどんな人?

以下の方は糖尿病になる危険度が高いので注意が必要です。

  • 血縁者に糖尿病の人がいる
  • 血縁者に肥満、脳卒中、心臓病(狭心症、心筋梗塞)の人がいる
  • 甘い物や脂肪分を好んで食べる
  • 車ばかり乗って歩くことが少なく運動不足
  • 外食が多い
  • 太っている
  • アルコールをよく飲む
  • ストレスの多い生活をしている

ページTOPへ